ホーム:防汚加工作業服について > 防汚加工作業服に適した職場環境 防汚加工 作業服

防汚加工作業服に適した職場環境

防汚加工作業服・ユニフォームに最適な現場・職場

防汚加工(SR加工)の場合、水性、油性の両方に効果が発揮しますので、レストラン、居酒屋、喫茶店などの飲食関係や介護施設、病院、食品工場などでの職種がおすすめです。

他にはオイルや油などを使用する自動車整備関係や機械工場や鉄工所、建設現場や道路工事、運送業などのハードな現場。
かつては、3K(きつい・汚い・危険)と言われた職種などに非常に適しており、最近では、レンタルユニフォーム(クリーニング付き・複数年契約)をご検討されているお客様や人材派遣、アルバイト、パートを多く採用されている企業様からのお問い合わせも年増えています。

また洗擢後も、防汚加工のしていない商品よりも汚れ落ちが格段によいので、独身の男性や単身赴任の人にも非常によろこばれています。
(会社によっては、各自で作業服を持って帰って洗擢しなければならないこともあるため。)

防汚加工の高まる需要

以前では、作業服のモデルチェンジを検討する際に色やデザイン、価格等が重要視されていましたが最近では「防汚加工」がされているかどうかで、その商品を採用するか否か非常に重要なポイントになっています。

一般の企業以外では、工業高校や職業訓練校などの実習服として採用される事例も年々増えています。
また作業服以外でも最近では、女性用の事務服(ベスト、スカート、ブラウス等)やエプロン、ポロシャツ、診察着にも防汚加工を施した商品アイテムも増えており人気の高さがうかがえます。


↑page top